読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりのよるブログ

一人になってしまった人のひとりぼっちの変人独り言ブログ




こんにちわ。 札幌生まれの札幌育ちの道産子。ゆーきです。
もう今年の4月には29歳になってしまいます。


ブログとかは全くやったことがなかったのですが、なんとなく初めてみました。

何のために始めたのかは、高校時代彼女に振られてシクシク泣いて一人ってさみしいとか、思っていたのだけど、実は近くに友達や家族が話を聞いてくれて、一人じゃないじゃないかと奮起していた自分がいたので、こんなタイトルにしてみました。

そんな中、両親が他界、結婚していて6年経つのですが、離婚して一人になってしまった自分を変えるためにこのブログを設立しました。



正直、もうこの先なにやってもうまくいかないんじゃないかとか、自暴自棄になって
パチンコばっかりやってしまったり、寝てばっかりでなかなかやることをやらないとか、なにか変えるために書いていこうかと思います。
マイナスなことばかり書くと、公開してる分、周りに悪影響な部分もあるので、あまり書かないようにはしますが、共感できる部分があればコメント残していただければ、幸いです。

こんな人もいるんだという視点で見ていただければと思います。

あれもこれも

今日はプロレスを兄貴が誘ってくれた。

初めて見に行くのであまり乗り気ではないし

ちょっとだけ緊張したけど

見てるうちにすごく惹かれてしまっていた

 

だって、あんなに人が血だらけになることを見たことがなかったから

すごく衝撃的だった

 

無意識に声が出たし

頑張れ

応援したくなって

手に汗を握った

 

自分も

そんな気になれた

 

そのあと友達と御飯に行った

お酒は禁止されていたけど

一緒に来てもらって悪い気がした

二人で一杯だけと

久々にビールを飲んだ

 

劇的に美味しかった

 

その友達が悩みを教えてくれた

人の悩みをここで書くのは

気が引けるので書かないが

 

こんな自分でも相談してくれる

そう思うと

真剣になって答えた

 

すこし大きなお世話かもしれないけど

いろいろ提案した

 

そんな一日だった

 

 

今日考えたことは

どうして人はこんなにも

他人を気にして

生きているんだろう

 

きっとみんなに合わせないと

周りに置いていかれるのが怖いから

孤立するのが怖いからなんだ

 

そうやって自分が言いたいことも言えない

本当の自分が出せないんだと思う

 

本当の自分が出すのが怖い

怖くてもいいじゃないか

 

怖いからなにもしないんじゃなく

怖いから勇気を出す事も強さなのではないだろうか

 

怖くても 

 

みんな母親のおなかから出てきたのはいっしょなんだ

 

仮の話

大島優子が「こんにちは」と

いきなり飲みの席で今日はよろしくお願いしますと言われると

自分はとんでもなく緊張するんだと思う

 

なんで緊張するのか考えると

自分より上

自分と比べると自分には可愛すぎる

そう思ってなにを話そうか緊張する

 

でも、自分と同じ人間で括れば

緊張しないで見れるのではないだろうか

 

大島優子だって同じ人だ

上も下もない

でも大島優子が自分のことを気になってくれたら

そう思うと緊張してしまう

 

そんなことないって決めつけても

もしかしたら

たられば

そう思うのが人だと思うし

そう思わないのも自分に失礼だ

 

これから仲のいい友人として

そう思うなら緊張もしないだろう

同い年で仲のいい女の子

そう思えば

 

なにしろかっこつけようとしないで

自分なら「大島優子と飲めるなんて緊張する」

なんて自分から正直に言ってしまうだろう

 

その人は自分らと同級生で

ポケモンの話もできれば

大塚愛さくらんぼが流行ったとかの話で盛り上がれるのだと思う

 

きっとしばらくすると

なにも変わらない同級生になるんだ

 

大島優子=AKB=有名人

ではなくて

大島優子=同級生

 

そんな感じで普段と変わらず

当たり障りのない会話ができるんだと思う

 

 

なんて

 

そんなこと考えると

大島優子と話してみたいなぁ