読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりのよるブログ

一人になってしまった人のひとりぼっちの変人独り言ブログ




こんにちわ。 札幌生まれの札幌育ちの道産子。ゆーきです。
もう今年の4月には29歳になってしまいます。


ブログとかは全くやったことがなかったのですが、なんとなく初めてみました。

何のために始めたのかは、高校時代彼女に振られてシクシク泣いて一人ってさみしいとか、思っていたのだけど、実は近くに友達や家族が話を聞いてくれて、一人じゃないじゃないかと奮起していた自分がいたので、こんなタイトルにしてみました。

そんな中、両親が他界、結婚していて6年経つのですが、離婚して一人になってしまった自分を変えるためにこのブログを設立しました。



正直、もうこの先なにやってもうまくいかないんじゃないかとか、自暴自棄になって
パチンコばっかりやってしまったり、寝てばっかりでなかなかやることをやらないとか、なにか変えるために書いていこうかと思います。
マイナスなことばかり書くと、公開してる分、周りに悪影響な部分もあるので、あまり書かないようにはしますが、共感できる部分があればコメント残していただければ、幸いです。

こんな人もいるんだという視点で見ていただければと思います。

ビデオ通話

今日も一日友達が一緒にいてくれた。

正直今日は家から出る気が全くなかったのだけど

お昼に出ようと思って外に出た。

 

自分の住んでる場所の自治会費の徴収担当だったので

一日遅れたがやった。

今日はこれでおしまいにしようかと思ったけど

 

今日休みの友達が来てくれた。

 

家ではなにもやることがないのだけど、

ゲームをやったりパソコンやったりで

笑わせてもらった。

 

一人になるといろいろ考え込んでしまうけど

一緒にいるとあまり考えないでいられる

一人じゃないと思うと元気が出た。

 

そのあと、晩ご飯でおいしい中華料理屋があるので行こうと誘ってもらった

あまり食べたくなかったけど、

おいしかったのでおかわりもしてしまった

 

久々にたくさん食べた気がした。

 

そのあと家に戻って、

しばらく会話がなかったように感じる

自分が喋らなくても、気を使って声をかけてくるわけでもなく

だまって一緒にいてくれた

 

そのあと、中学の時の友達とラインのビデオ通話をつないでくれた

いろいろ話そうか迷った

でも、きっと話すのを知ってて繋いだんだと思う

 

いろいろ話した。

「大変だ。みんな呼ぼう」と中学の友達を

ありったけグループに招待してもらった

その中には、中学の時に好きだった子もいた

 

君らしい。そのまんまでいいと思う

泊まりに来い

 

いろいろ心配させてしまった。

けど、言わないとわからない

言えば助けてくれる人はたくさんいる

その人たちのためにも、

しっかりしないとだめだと思った

 

自分のために働けないなら、

この人たちと

遊んだり、話したり、同じ時間で生きるために

働こうと思った。

 

話してもきっと辛さはわからないと思う

人それぞれ辛さが違うから

それでも、共有すれば

こんなことがあった。自分もこんな辛いことがあったと

励ましていけるんじゃないかと思う。

 

正直まだ一人になると、いろいろと悩む

なにがしたいのか

この先どうなるのだろう

このまま時間が過ぎるだけ

前向きになれないけど

 

心配してくれる人がいる

応援してくれる人がいる

叱ってくれる人がいる

一緒にいてくれる人がいる

 

その人たちに迷惑をかけないように働けばいい

 

最近夜になると曲を聴くのだけど

今日いい曲を見つけた

歌詞がすごくよかった

 

7!! きみがいるなら

 

不安や弱さを見せるたび 僕らが強くなれるのは

両手を広げて受け止めてくれる人がいるから

 

甘えてばっかりいられない。

心配ばっかりかけられないよ。

 

いつか何かしらの形で

みんなの力にならないと

 

明日も一日大きく背伸びをして過ごしてみよう