読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりのよるブログ

一人になってしまった人のひとりぼっちの変人独り言ブログ




こんにちわ。 札幌生まれの札幌育ちの道産子。ゆーきです。
もう今年の4月には29歳になってしまいます。


ブログとかは全くやったことがなかったのですが、なんとなく初めてみました。

何のために始めたのかは、高校時代彼女に振られてシクシク泣いて一人ってさみしいとか、思っていたのだけど、実は近くに友達や家族が話を聞いてくれて、一人じゃないじゃないかと奮起していた自分がいたので、こんなタイトルにしてみました。

そんな中、両親が他界、結婚していて6年経つのですが、離婚して一人になってしまった自分を変えるためにこのブログを設立しました。



正直、もうこの先なにやってもうまくいかないんじゃないかとか、自暴自棄になって
パチンコばっかりやってしまったり、寝てばっかりでなかなかやることをやらないとか、なにか変えるために書いていこうかと思います。
マイナスなことばかり書くと、公開してる分、周りに悪影響な部分もあるので、あまり書かないようにはしますが、共感できる部分があればコメント残していただければ、幸いです。

こんな人もいるんだという視点で見ていただければと思います。

ブログ初めてみる

 

なんか変えられればと思い開始してみたものの、いざ書こうとするとなにを書けば分からなくなるあたり、なんか変えないとこの無鉄砲さも変わらない気がします。

 

さぁ、一発目になりますが、書こうかと思います。

誤字脱字盛りだくさんになると思いますが、

なんとなく見てもらえれば。

 

なんのためにならないブログだと思うが。

 

正直日記をつけようと思ったのですが、思ったことを日記にしても、

その場止まりでこういう考え方もあるんだよっていう返答がないので、ブログにしてみたのだけど。

まず見てくれる人がいないと普通の日記になりそうな気もするんだけどね。

 

日記をつけようと思ったのが、今日「おおかみこどもの雨と雪」をみてボロボロ泣いてしまったのです。

 

なんで泣いたのかわからないけど、離婚になってしまって、5歳の娘に申し訳ない気持ちでいっぱいだからなのだと思う。

親の勝手な理由で今後さみしい思いをするのは彼女なのだから。

なんで離婚したかは、性格の不一致というのがあり、性格の不一致で離婚する人はきっとお付き合いするのが短かった人が多いのではないかな。

自分の場合は、3か月でおめでた婚

今になって考えると、こっちは生まれてきてくれてありがとうだけど

娘のほうはどう思うのだろうかと不安になる。

友人には子供はそんなに弱くないよって言われた事もあるが、

小学校になって中学。父親がいないとなると、どんな風に悩むのだろうか

そんな事を思っている時に、この映画の最後にまだ何もしてあげてない!というセリフでワンワン泣くのだろうね。

 

離婚してしまったのは、もうどうしようもない事実だけど

この先どうしてあげられるかが、大事なんだ。

 

しっかり生きて!自分!!