読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりのよるブログ

一人になってしまった人のひとりぼっちの変人独り言ブログ




こんにちわ。 札幌生まれの札幌育ちの道産子。ゆーきです。
もう今年の4月には29歳になってしまいます。


ブログとかは全くやったことがなかったのですが、なんとなく初めてみました。

何のために始めたのかは、高校時代彼女に振られてシクシク泣いて一人ってさみしいとか、思っていたのだけど、実は近くに友達や家族が話を聞いてくれて、一人じゃないじゃないかと奮起していた自分がいたので、こんなタイトルにしてみました。

そんな中、両親が他界、結婚していて6年経つのですが、離婚して一人になってしまった自分を変えるためにこのブログを設立しました。



正直、もうこの先なにやってもうまくいかないんじゃないかとか、自暴自棄になって
パチンコばっかりやってしまったり、寝てばっかりでなかなかやることをやらないとか、なにか変えるために書いていこうかと思います。
マイナスなことばかり書くと、公開してる分、周りに悪影響な部分もあるので、あまり書かないようにはしますが、共感できる部分があればコメント残していただければ、幸いです。

こんな人もいるんだという視点で見ていただければと思います。

ビデオ通話

今日も一日友達が一緒にいてくれた。

正直今日は家から出る気が全くなかったのだけど

お昼に出ようと思って外に出た。

 

自分の住んでる場所の自治会費の徴収担当だったので

一日遅れたがやった。

今日はこれでおしまいにしようかと思ったけど

 

今日休みの友達が来てくれた。

 

家ではなにもやることがないのだけど、

ゲームをやったりパソコンやったりで

笑わせてもらった。

 

一人になるといろいろ考え込んでしまうけど

一緒にいるとあまり考えないでいられる

一人じゃないと思うと元気が出た。

 

そのあと、晩ご飯でおいしい中華料理屋があるので行こうと誘ってもらった

あまり食べたくなかったけど、

おいしかったのでおかわりもしてしまった

 

久々にたくさん食べた気がした。

 

そのあと家に戻って、

しばらく会話がなかったように感じる

自分が喋らなくても、気を使って声をかけてくるわけでもなく

だまって一緒にいてくれた

 

そのあと、中学の時の友達とラインのビデオ通話をつないでくれた

いろいろ話そうか迷った

でも、きっと話すのを知ってて繋いだんだと思う

 

いろいろ話した。

「大変だ。みんな呼ぼう」と中学の友達を

ありったけグループに招待してもらった

その中には、中学の時に好きだった子もいた

 

君らしい。そのまんまでいいと思う

泊まりに来い

 

いろいろ心配させてしまった。

けど、言わないとわからない

言えば助けてくれる人はたくさんいる

その人たちのためにも、

しっかりしないとだめだと思った

 

自分のために働けないなら、

この人たちと

遊んだり、話したり、同じ時間で生きるために

働こうと思った。

 

話してもきっと辛さはわからないと思う

人それぞれ辛さが違うから

それでも、共有すれば

こんなことがあった。自分もこんな辛いことがあったと

励ましていけるんじゃないかと思う。

 

正直まだ一人になると、いろいろと悩む

なにがしたいのか

この先どうなるのだろう

このまま時間が過ぎるだけ

前向きになれないけど

 

心配してくれる人がいる

応援してくれる人がいる

叱ってくれる人がいる

一緒にいてくれる人がいる

 

その人たちに迷惑をかけないように働けばいい

 

最近夜になると曲を聴くのだけど

今日いい曲を見つけた

歌詞がすごくよかった

 

7!! きみがいるなら

 

不安や弱さを見せるたび 僕らが強くなれるのは

両手を広げて受け止めてくれる人がいるから

 

甘えてばっかりいられない。

心配ばっかりかけられないよ。

 

いつか何かしらの形で

みんなの力にならないと

 

明日も一日大きく背伸びをして過ごしてみよう

友達

 

今日は昼から友達が来てくれた。

普段しないような事もラインでやってくれたし、

たくさん笑わせてもらった。

 

こんなにしてもらってるのになにもしないで、家にいるのはもったいなし

申し訳ないので、家から出てみることにして、バトミントンに連れてってもらった。

久々に大きく身体を動かせた。考えることもあるけど、身体を動かしてるときは夢中だった。

 

毎日こうやって夢中になれれば考えることなんてないんじゃないかと思った。

 

気になる人にも病気のことを話した。

すごい怒られた。彼女は知ってて頑張れという。

みんな苦しいんだからしゃんとしろ

強引に大丈夫。やれる。仕事はこういう意味でするものだ

もう大丈夫。病気じゃない。

休みは休み。楽しく遊べ

 

母親が生きてたらこう言ったと思った。

 

黙ってても仕方ないと思った。

考えれば考えるほど、人生なんてつまんない。

なにをしてもつまんないと思った。

 

自分から楽しくしないと、病気だって治らないと思った。

みんな働いてるのに情けないとか

みんなに申し訳ないとか

社会のお荷物とかいろいろ考えるけど

 

いい機会だから自分を見つめてみようと思う。

やりたいことはなんなのか。

こうなっていきたい。

夢を持ってもいいんじゃないかと思った。

 

友達は結局、みんな帰ると暇だなとボソッと自分が言ったからだろうか

1時を回るまで一緒にいてくれた。

 

兄貴にも毎日御飯に誘われる。

あったかいから外に出てごらんと言ってくれる一個下の友達もいる。

みんなここにいる。大丈夫と言ってくれる友達もいる。

どうした。ゆっくり休んじゃえ。飯行こうと言ってくれる元同僚なのに気にかけてくれるもいる。

みんなに助けられてるし、みんなに救われてると思った。

 

いつか、なにかしらで、返せたらと思う。

ただただ、「ありがとう」しかない。

 

 

人間関係こんなに恵まれてるんだから

今日だけ。今日だけありがとうと泣いて

パソコンを閉じよう。。。

 

自分鬱らしい。。。

 

衝撃的事実で、朝職場にいこうにも行けず、行く意思はあるのに、

トイレで吐くのを今月の頭くらいから繰り返していたのだが、

寝ても夜な夜な3回に分けて起きてしまうあたり

ちょっとやばい気がして

 

そんなこと思ってると

いよいよ、こんなに休んだことないので、どうした!?と電話が鳴り

よくわからないですが、仕事にいけないです。と

とりあえず出勤してそれから考えようと言われて

部屋で座り込んでしまう

 

心療内科に行けと言われ

行く

 

自分でもわからないけどワンワン泣いてしまい

先生に典型的なうつだから仕事はしばらく行かなくていいと言われ

行かないと生活できないし、みんな同じ気持ちでやってるのに

ひとりでこんなことしてられないと言うと先生は病気だからと

 

精神の病気ってww

ならなんで心療内科を選らんだか聞かれ

ハッとする。

 

まず自分が病気だってことを認識しましょうと怒られ

 

その後、会社の方と話。いろいろ話してると泣き崩れてしまい。

なんで泣いてるかわからないのである。

 

心療内科でも

正直に思っていることを話したことがあまりないので、

話すと泣いてしまう

 

そうとう無理しましたね。少し休みましょう。

とか、言われても無理したつもりはないし

休むって言っても迷惑かかるからと言うと

 

この先、家族やたくさんの人を迷惑にしかねない的なことも言われ

 

会社の人にも、休んだほうがいいと言われ

一か月の休職となる。

 

よくよく考えてみると、チルチルとミチルとかブログを始めるとか

前兆の何物でもなかったのかもしれない。

 

この一か月なにすればいいの。

 

とりあえず、うつ病の症状をネットで見ると、

8割一致してしまって怖くなってやめる

今日からお荷物と考えるのはやめて

誰かのためにじゃなく自分のために時間を使う

 

といっても、あとは葬式だけだとしか思わないし

今後が不安で仕方ないし

何のために働いてるかもわからんし

 

みんな結婚して一人になると思うと寂しいし

再婚とかしたら子供に申し訳ないし

 

悲しくなるし

 

こんなあたまおかしいやつみんな離れてくし

と思うと、眠くなるし

 

ちょっと気になってる子からラインきても

俺うつだし普通に接すれなかったらどうしようとか思うし

 

ましてや、彼女とか作れると思ってんの?とか思うし

自分なにしたいかわかんなし

 

実家に呼ばれて兄貴と兄嫁と飯食うと

気づいたら全部自分の好きなものだし

 

友達家に来て、気使わせてるし

明るく振舞おうにも泣けてくるし

 

とりあえず、甘えてるだけなんだよねこれ

でもちょっと甘えてゆっくりしよう。。。

一か月甘えに甘えてやろう

 

離婚とか就職とか一気にやりすぎなんだ

 

みんなに気を使わせないようにしよう

うつとかあいつ嘘だくらいに思ってもらえればいい

 

あいつうつのくせになにしてんのってくらいに思ってもらえればいい

 

いいのだろうかそれで

 

どうしたらいいのだろう

ツイッターに…

 

ツイッターにブログ書くと通知する設定にしてしまった…

友人にフォロワーになってもらっているから一部に人には、ブログを始めたことがばれてしまうが、とても仲のいい3人だけだから馬鹿にされもいいから連動させた。

 

その仲のいい3人は、黙っていてね。

書きたいことが書けなくなると困るから。。。

誰も見てなくてもいいの。

ひっそり誰かに見てもらえれば

 

書きたいことが書けなくなるというのは

「青い鳥」の話を友人にしたことがあるのだけど

みんな???って顔をして、ついにイカレタ!

って言うのです。

 

その話した内容が、チルチルとミチルは青い鳥を探しに行くけど

なんで、おばあさんはそこにいるじゃないって教えてあげなかったんだろうねって話なのですが

 

おばあさんは、自分の孫が病気でその鳥がいれば治るから探してきてってお願いするんだけど

結果、探して探して、幸せの青い鳥は近くにいたってって話で終わるんだけど

最後その鳥が逃げていくのです。

 

作者は幸せはずっと逃げてく物だから追うのをやめるんじゃないよって言いたいのだと自分は解釈してるのだけど。

自分は離婚して、娘が幸せかわからない状況なのに、幸せの青い鳥を追っていいのだろうかという話をすると。大丈夫?って皆に言われるのです。

 

幸せの青い鳥を追って自分だけ幸せになっていいものなのだろうかとそう思うのです。

最近は、一人の夜が寂しいのです。

なので、彼女とか作れば?とかも言われます。

果たして彼女なんて作って娘は怒らないのかとか考えるわけなのです。

 

小学生になって中学生になって、ママには言えない悩みも出てくるのではないかと、

そんな中自分は彼女といちゃいちゃしてていいものなのだろうか。

 

しっかり働いて養育費をしっかり払うくらいしかしてやれないなら

相談できる場所でいつ続けないといけないのではないかと思うのです。

 

きっと、青い鳥はそこにいるのだろうけれど

捕まえる気になれないのは、親のエゴなのだろうね。

 

ゆっくり考えるとする。

ブログ初めてみる

 

なんか変えられればと思い開始してみたものの、いざ書こうとするとなにを書けば分からなくなるあたり、なんか変えないとこの無鉄砲さも変わらない気がします。

 

さぁ、一発目になりますが、書こうかと思います。

誤字脱字盛りだくさんになると思いますが、

なんとなく見てもらえれば。

 

なんのためにならないブログだと思うが。

 

正直日記をつけようと思ったのですが、思ったことを日記にしても、

その場止まりでこういう考え方もあるんだよっていう返答がないので、ブログにしてみたのだけど。

まず見てくれる人がいないと普通の日記になりそうな気もするんだけどね。

 

日記をつけようと思ったのが、今日「おおかみこどもの雨と雪」をみてボロボロ泣いてしまったのです。

 

なんで泣いたのかわからないけど、離婚になってしまって、5歳の娘に申し訳ない気持ちでいっぱいだからなのだと思う。

親の勝手な理由で今後さみしい思いをするのは彼女なのだから。

なんで離婚したかは、性格の不一致というのがあり、性格の不一致で離婚する人はきっとお付き合いするのが短かった人が多いのではないかな。

自分の場合は、3か月でおめでた婚

今になって考えると、こっちは生まれてきてくれてありがとうだけど

娘のほうはどう思うのだろうかと不安になる。

友人には子供はそんなに弱くないよって言われた事もあるが、

小学校になって中学。父親がいないとなると、どんな風に悩むのだろうか

そんな事を思っている時に、この映画の最後にまだ何もしてあげてない!というセリフでワンワン泣くのだろうね。

 

離婚してしまったのは、もうどうしようもない事実だけど

この先どうしてあげられるかが、大事なんだ。

 

しっかり生きて!自分!!